5つの危険な考え方:The Five Hazardous Attitudes

Pocket

ここでは、FAA自家用操縦士学科試験問題の中から、質問の多い問題を解説しています。

 

今回は、ADM(航空に関する意思決定)に関する問題です。

 

例題

27. PLT103

What antidotal phrase can help reverse the hazardous attitude of impulsivity?

A) Do it quickly to get it over with.
B) It could happen to me.
C) Not so fast, think first.

 

日本語訳

  1. PLT103c PVT

パイロットが‘衝動性’という危険な考え方を抑止するために役立つのは次のどれか

A) 克服するために物事を素早く実行する
B) 自分にも起こりうる事だと考える
C) 急がすに、考えてから行動する

 

解答

C) 急がすに、考えてから行動する

 

解説

5_hazardous_attitude
5_hazardous_attitude

The Five Hazardous Attitudes
5つの危険な考え方 (FAA-H-8083-25 Pilot’s Handbook of Aeronautical Knowledge より抜粋)

1.Anti-Authority (Don’t tell me)
This attitude is found in people who do not like anyone telling them what to do. In a sense, they are saying, “No one can tell me what to do.” They may be resentful of having someone tell them what to do, or may regard rules, regulations, and procedures as silly or unnecessary. However, it is always your prerogative to question authority if you feel it is in error.

反権威的 (俺に口出しするな)
この考え方は、他人に自分の行うべきことを指図されたくない人に見られるものです。彼らは、”誰にも自分のすることに口は出させない”といい、他人にあれこれ指図されたり、規則、法律、手順を遵守する事について馬鹿らしいとか不必要だと考えたりして機嫌が悪くなります。ただし、権威的なものを妄信せずに疑問を抱くことも時には必要かもしれません。

 

 

2. Impulsivity (Do it quickly)
This is the attitude of people who frequently feel the need to do something, anything, immediately. They do not stop to think about what they are about to do; they do not select the best alternative, and they do the first thing that comes to mind.

衝動性 (とっととやってしまえ)
この考え方は、何をするにしても、どんなことでもすぐに急いで行わなければならないといつも考えている人に見られます。このような人は、これから行うことについて一旦立ち止まって考えたりはしません。幾通りからの選択肢から最も適切なものを選ぶのではなく、最初に頭に浮かんだことを実行してしまいがちです。

 

3. Invulnerability (It won’t happen to me)
Many people feel that accidents happen to others, but never to them. They know accidents can happen, and they know that anyone can be affected. They never really feel or believe that they will be personally involved. Pilots who think this way are more likely to take chances and increase risk.

不死身 (俺は絶対に事故を起こさない)
多くの人は事故は他人事で自分には起きないと考えます。事故は起こる可能性があるし、被害者になりうることは頭の中では理解しています。ただ、その災難が自分自身に降りかかってくるとは夢にも思っていません。パイロットでこのような考え方をする人は、危険を賭けるような行動をしがちで、事故のリスクを大きくする傾向があります。

 

4. Macho (I can do it)
Pilots who are always trying to prove that they are better than anyone else are thinking, “I can do it–I’ll show them.” Pilots with this type of attitude will try to prove themselves by taking risks in order to impress others. While this pattern is thought to be a male characteristic, women are equally susceptible.

マッチョ (俺には出来る)
パイロットの中にはいつも自分が他人より優れていることを証明したがる人がいて、”オレには出来る。いいとこを見せてやろう”と考えています。このような人は、他人に自分は凄いと思われたくて危険をあえて冒すことがあります。このような考え方は男性的なものだと思われがちですが、女性にも同様に陥る可能性のある考え方なのです。

 

5. Resignation (What’s the use?)
Pilots who think, “What’s the use?” do not see themselves as being able to make a great deal of difference in what happens to them. When things go well, the pilot is apt to think that it is good luck. When things go badly, the pilot may feel that someone is out to get me, or attribute it to bad luck. The pilot will leave the action to others, for better or worse. Sometimes, such pilots will even go along with unreasonable requests just to be a “nice guy.”

諦め (これって何の役に立つ?)
パイロットで、”こんな事しても無駄じゃないか”と考える人は、降りかかった出来事に対して、対処方法によっては大きく異なる結果を生み出すことが自分自身で分かっていません。物事がうまくいっているときは運がいいからだと考えがちで、逆にトラブルになったときは誰かが自分を陥れようとしていると感じたり、不運のせいにしたりします。そのようなパイロットは良い悪いの判断を他人任せにし、無理な要求に対しても、良い人と思われたいためにそれに従ってしまいます。

 

Antidote
対処方法

5つの危険な考え方に対する解毒剤ともいえるフレーズは次の通りです。

antidote
antidote

Hazardous Attitude
危険な考え方

Anti-Authority — Although he knows that flying so low to the ground is prohibited by the regulations, he feels that the regulations are too restrictive in some circumstances.
反権威的:地面近くを超低空飛行することは法規に違反すると知っていたが、彼は状況によっては法律は堅苦しすぎると感じている。

Antidote-Follow the rules. They are usually right.
対処方法:ルールに従う。法律はたいがい正しい。

 

Impulsivity — As he is buzzing the park, the airplane does not climb as well as Steve had anticipated and without thinking, Steve pulls back hard on the yoke. The airspeed drops and the airplane is close to a stalling attitude as the wing brushes a power line.
衝動性:スティーブが(友人を驚かせようと)公園をかすめて低空飛行していた時、彼が期待したよりも飛行機の上昇具合が悪かったので、特に考えずに強く操縦かんを引いた。すると、対気速度が低下し飛行機は失速姿勢に近づき、翼は送電線を擦った。

Antidote-Not so fast. Think first.
対処方法:そんなに急ぐな。最初に考えろ

 

Invulnerability — Steve is not worried about an accident since he has flown this low many times before and he has not had any problems.
不死身:スティーブは事故については心配していなかった。今までに何回も低空飛行をしたし何も問題はなかったから。

Antidote-It could happen to me.
対処方法:事故は自分にも起こり得る。

 

Macho — Steve often brags to his friends about his skills as a pilot and how close to the ground he flies. During a local pleasure flight in his single-engine airplane, he decides to buzz some friends barbecuing at a nearby park.
マッチョ:スティーブは自分の操縦テクニックについて、また、自分はどれだけ地面近くを飛行できるかについて、いつも友達に自慢していた。 彼の単発飛行機で周辺を遊覧飛行しているときに、公園の近くでバーベキューをしている友人たちの上をブーンと飛んで驚かせてやろうと決めた。

Antidote-Taking chances is foolish.
対処方法:わざわざ危険を冒すのは馬鹿らしい。

 

Resignation — Although Steve manages to recover, the wing sustains minor damage. Steve thinks to himself, “It’s dangerous for the power company to put those lines so close to a park. If somebody finds out about this I’m going to be in trouble, but it seems like no matter what I do, somebody’s always going to criticize.”
諦め:スティーブは事故を回避することが出来た。しかし翼は若干の損傷を被った。スティーブが心の中で思ったことは、”電力会社が公園のすぐそばに送電線を設置するから危険なんだ。 だけど、もし誰かがこの件を知ったら自分は面倒なことになる。まあ、自分が何をするにしろ、批判をする奴はいるだろうけど。

Antidote-I’m not helpless. I can make a difference.
対処方法:自分は無力じゃない。変えることが出来る。

 

結論
パイロットは自分が危険な考え方になっていないかを自分で識別し、必要なときに適切な解毒方法を適用しなければならない。