TAF (Terminal Aerodrome Forecast)の解読 その1

Pocket

ここでは、FAA自家用操縦士学科試験問題の中から、質問の多い問題を解説しています。

 

今回は、TAF(Terminal Aerodrome Forecast)の解読です。

 

例題
116. PLT072 PVT
(Refer to figure 15.) In the TAF from KOKC, the clear sky becomes
A) overcast at 2,000 feet during the forecast period between 2200Z and 2400Z.
B) overcast at 200 feet with a 40 percent probability of becoming overcast at 600 feet during the forecast period between 2200Z and 2400Z.
C) overcast at 200 feet with the probability of becoming overcast at 400 feet during the forecast period between 2200Z and 2400Z.

 

figure15
figure15

Figure 15

TAF

KMEM 121720Z 1218/1324 20012KT 5SM HZ BKN030 PROB40 2022 1SM TSRA OVC008CB
FM2200 33015G20KT P6SM BKN015 OVC025 PROB40 2202 3SM SHRA
FM0200 35012KT OVC008 PROB40 0205 2SM-RASN BECMG 0608 02008KT BKN012
BECMG 1310/1312 00000KT 3SM BR SKC TEMPO 1212/1214 1/2SM FG
FM131600 VRB06KT P6SM SKC=

KOKC 051130Z 0512/0618 14008KT 5SM BR BKN030 TEMPO 0513/0516 1 1/2SM BR
FM051600 18010KT P6SM SKC BECMG 0522/0524 20013G20KT 4SM SHRA OVC020
PROB40 0600/0606 2SM TSRA OVC008CB BECMG 0606/0608 21015KT P6SM SCT040=

 

図15(TAF:飛行場予報)は上記のように電文形式で配信される予報データです。KOKC (Will Rogers World Airport)において、雲がない状態は、その後どうなるか調べなさいという問題です。

 

予備知識

飛行場予報(Terminal Aerodrome Forecast):飛行場の24時間予報(場所によっては30時間)で1日4回発表される。Amended TAFが発表されることにより有効期限が24時間よりも短くなることがある。

 

協定世界時、UTC(Coordinated Universal Time):Zulu time ともいう。本初子午線(経度0度0分0秒)を基準とした時間。UTC 17時30分の場合、1730Z と表す。

 

風向/風速(Wind):風向は最初の3桁の数字で表す。真北(TN)は000、東は090、南は180、西は270。風速は次の2桁の数字で表す。

例:35010KT=風向350、風速10ノット。  00000kt=風向不定、風速6ノット未満  WND 180V270= 風向180-270の間で不定    20013G20KT=風向200、風速13ノット、突風20ノット

 

 

視程(Visibility):卓越視程(全方位の中で平均的な視程)をマイル表示(Statute Mile)で表している。

例:1 1/2SM=visibility one and one half statute mile=視程 1と2分の1マイル。  P6SM=visibility more than 6 statute miles=視程6マイル以上

 

 

 

雲量(Sky Condition):全天を覆う雲の割合を8分雲量で表している。

SKC(CLR)=雲がない(Sky Clear 0/8)

FEW=少しの(Few 1/8-2/8)

SCT=散在している(Scattered 3/8-4/8)

BKN=隙間あり(Broken 5/8-7/8)

OVC=全天を覆う(Overcast 8/8)

 

 

雲の略号

T=Towering=塔状

CU=Cumulus=積雲

CB=Cumulonimbus=雷雲

 

例: OVC008CB=雲量8/8、雲底800ft、 雷雲   SCT030=雲量3/8-4/8、雲底3,000ft

 

 

 

気象現象(Weather phenomenon)の略号

 

説明群(Descriptor)

BL=Blowing=吹き上げる

DR=Drifting=吹き流される

FZ=Freezing=凍結した

TS=Thunder Storm=雷雨

SH=Shower=しゅう雨

 

 

降水現象(Precipitations):

DZ=Drizzle=霧雨

GR=Hail=雹

RA=Rain=雨

SN=Snow=雪

 

視程障害現象(Obscurations):

BR=Mist=もや

HZ=Haze=煙霧

FG=Fog=霧

FU=Smoke=煙

SA=Sand=砂

 

 

特記事項(Remarks)

BECMG=Becoming=予報期間中に変化が起こり、その後変化が継続する状態

TEMPO=Temporary=予報期間中に1時間以内の変化が1回またはそれ以上発生し、その変化が予報期間中の1/2に満たないで元の状態に戻る状態

PROB=Probability=予報期間中に30-40パーセントの確率で変化が起こりうる状態

FM=From=予報期間中に、FM日時から変化が始まることを表す

 

以上は抜粋です。よく使われるものを列挙しました。

次回は、図15のTAFを解読します。