シーリング:ceiling is defined as the height above the Earth’s surface

Pocket

ここでは、FAA自家用操縦士学科試験問題の中から、質問の多い問題を解説しています。

今回は、気象に関する問題です。

 

例題

  1. PLT026 PVT

For aviation purposes, ceiling is defined as the height above the Earth’s surface of the

A) lowest reported obscuration and the highest layer of clouds reported as overcast.

B) lowest broken or overcast layer or vertical visibility into an obscuration.

C) lowest layer of clouds reported as scattered, broken, or thin.

 

日本語訳

113.  PLT026b PVT

航空気象における、シーリングの定義は地表面から何処までの高さをいうか

A) 報告された一番低い”天空不明層”および最も高い”オーバーキャスト”と報告された雲の層までをいう

B) 最も低い”ブロークン”または”オーバーキャスト”層まで。”天空不明”の場合は、垂直視程

C)”スキャタード”ブロークン””薄雲”と報告された最も低い層まで

 

解答

B) 最も低い”ブロークン”または”オーバーキャスト”層まで。”天空不明”の場合は、垂直視程

 

解説

シーリングとは『天井』のことですが、航空気象では次のように定義されています。

 

Ceiling
For aviation purposes, a ceiling is the lowest layer of clouds reported as being broken or overcast, or the vertical visibility into an obscuration like fog or haze.

Clouds are reported as broken when five-eighths to seven-eighths of the sky is covered with clouds. Overcast means the entire sky is covered with clouds.

Current ceiling information is reported by the aviation routine weather report (METAR) and automated weather stations of various types.

シーリング
航空の目的において、シーリングは一番低い層の雲でブロークンまたはオーバーキャストと報告されたものの地表から雲梯までの垂直距離、あるいは霧や煙霧などによって天空が遮蔽されている場合は、垂直視程で表されます。

雲が全天の5/8から7/8を覆った場合、ブロークンと報告されます。オーバーキャストとは全天が雲で覆われた状態を意味します。

現在のシーリング情報は、定時航空気象実況通報式(METAR)や各種の自動気象観測局によってレポートされます。

 

まとめ

シーリングは雲量5/8(ファイブ・オクタス)以上の地表から雲底までの垂直距離を言います。(Layer Aloft Ceiling)

天空が霧などによって遮蔽されている場合は、垂直視程でシーリングを表します。(Indefinite Ceiling)

下図を参考にしてください。

Figure 16-6. Layer Aloft Ceiling Versus Indefinite Ceiling
Figure 16-6. Layer Aloft Ceiling Versus Indefinite Ceiling